「棺おけリスト」という映画は?

最近、週刊誌などで「死ぬまでにしておきたいこと」「この人の最後の……」というような特集を見ることが多くなってきました。

 

そのような中で、昨日、テレビで放送された映画「最高の人生の見つけ方」 は中高年にヒットしたのではないでしょうか。私の知人(60代後半)も「おもしろかった」と言っていました。

 

原題は「The Bucket List(棺おけリスト)」、それが「最高の人生の見つけ方」になっちゃうのもすごい。うまいタイトルを考えるもんです。


さて…。

病室で知り合った余命半年のオヤジ2人が「死ぬまでにやりたいことリスト」(棺おけリスト)を作って病室を飛び出します。スカイダイビングやカーレースをしたり、アフリカ、エジプト、インドとあちこち旅したりして、やり残したことをやっちゃうのです。

もちろん、おふざけだけでなく、ハートにジーンとくるシーンもあるんですよ。

 

とにかく明るいのがいいです。現実はこのようにはいかないでしょうけど、こんなふうに残された日々を送ることができたら最高ですね。

 

ラストは遺灰をどうするか?のシーンですが、これがまたおもしろい。

「骨壺っていう響きが好きじゃない。火葬して遺灰を缶に入れてくれればいい」と言っていたオヤジの遺灰はどうなるか? ネタバレしちゃうので言いませんけど。映画を見逃した方はDVDでどうぞ。

2010.11.15


 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    はる (月曜日, 15 11月 2010 22:45)

    私も「棺桶リスト」のコピーに惹かれて見ました(また職業病が!汗
    確かに現実には有り得ませんねぇ…けどテーマの割に必要以上に暗くならず、物語として分かりやすかったのは良かったと思います。
    まあ、ラストは日本でやったら違反ですけどね(笑

  • #2

    ケイケイ (月曜日, 15 11月 2010 23:08)

    うわっ!面白そう!見逃しました。
    私の知人で、70代後半の男性ですが、「今まで、知ってはいたが、行ったことのないところへ足を運ぼう」と決心して、国技館で相撲、長野でサイトウキネンオーケストラ、伊勢神宮参り、などをリストアップして実行している人がいます。奥さんは「付いていかなきゃならない私には迷惑なのよ」と言ってましたが、、。まだ余命は充分のお二人です。

  • #3

    hanako (火曜日, 16 11月 2010 14:47)

    見逃してしまいました!
    ラストが気になる。
    日本でやったら違反とは?
    もしかして・・・・・・