喪中にお歳暮を贈っていいの?

あちこちでお歳暮のパンフレットを見かけるようになりました。

人気のあるお歳暮ってなんでしょうか?

 

gooのランキングを見ると

 

1位 商品券

2位 カタログギフト

3位 お菓子詰め合わせ

 

なるほど。先方が本当にほしいものを贈りたいと思うと、こうなるのですかね。「ギフト」というより「ジャスト!」みたいな感じ?

 

さて、「喪中の人はお歳暮を贈っていいのか?」という質問がありました。

答えは、OKです。

 

喪中といっても、穢れているわけではありません。だいいち、「穢れ」なんてこの世にありませんよ。


お歳暮は、お世話になった人に感謝を込めて贈るものなのですから、問題ないです。

 

とアドバイスしても「でも……」という人がいます(じゃあ、聞くなよ。マナー嫌いの私に聞くとは。聞く人を間違えとる)。

まあ、先方がシキタリとかに妙にこだわる家だったり、マナーにうるさい上司だったりすると悩むこともあるでしょうけどね。

 

だったら、お歳暮の時期にお礼状(そこに、喪中なのであえて贈ることを控えたことを書く)でも出しておいて(喪中はがきも出しているでしょうけどねえ)、年が明けて松の内過ぎて「寒中見舞い」として贈るとか、遅くなっても喪が明けてから贈るとか、気が済むようにすればいいと思います(冷たいですか〜?)。

 

サラリーマンの皆さんやその奥さまは、この時期、気を遣って大変だということはわかりますけど。

2010.11.11