そうだ、たいやきを買いに行こう

NHKの無縁社会をテーマにした討論番組を見ました。

 

「無縁死32000人」

「孤独死が10年で5倍に急増」

 

「ひとり暮らしの高齢者465万人が20年後には717万人」

 

「家族がいても孤独」

「引き取り手のない遺骨」

 

 暗い。明日は我が身と思うと、暗黒の世界に入ってしまいそうです。

 

「私はここにいる」と声をあげられない人をどうするのか?

お葬式やお墓より先に大きな問題があります。

 

ひいらぎさんのたいやき
ひいらぎさんのたいやき

さて、10月も最終日となりました。

今年もあと2カ月……。

 

こんなときはたいやきだ! そうだ、たいやきを食べて元気を出そうと、恵比寿のひいらぎさんに行ってきました。

 

ここのたいやきは、しっぽまでたっぷりとあんこが入っていて、皮がサクサクしていておいしいのですよ。

 

太るのは心配ですが、「たいやきを食べるんだ」「たいやきを買いに行こう」という、前向きな?このアクションこそ大切なのだ!というへんな理由をつけて、孤独死のことをしばし忘れ頬張っています。

2010.10.31


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    五月 (日曜日, 31 10月 2010 22:51)

    全く、たい焼きと孤独死とは関係の 
    ないことを考えたり、行動したり、と
    色取り取りの人間の複雑な心 観たョ!

  • #2

    エリコ (月曜日, 01 11月 2010 09:01)

    “おひとりさま”の心は複雑なのです。。。