「遺影写真」じゃ「写真写真」?

「遺影」を辞書で調べると、故人の写真や肖像画とあります。

ということは「遺影写真」と書くと、「故人の写真写真」になりませんか?

「遺影肖像画」っていうのも聞いたことないし…。

 

小学生の頃、先生に教えてもらった重ね言葉を思い出しました。

「古(いにしえ)の昔の武士の侍が、馬から落ちて落馬して息が絶えて死んじゃった」

 

「息が絶えて〜」は、「腹を切って切腹した」などの言い方もあるようですが、私はこのように記憶しています。同じことを違う言い方で繰り返す、「遺影写真」はこれじゃないの〜と思ってしまったのです。

 

 

葬儀の世界もデジタル化が進みました。

かつての遺影は白黒のプリント。故人が普段着などを着ていると写真屋さんがごていねいに紋付に着せ替えをしてくれて、額に入れて黒いリボンまでかけていました。

それが最近はモニターに画像が映し出され、スライドショーまでやってしまうようになったのです。

 

そうなってくると、「遺影写真」と言うならそれ対して「遺影画像」「遺影スライドショー」になりますか? 「電子遺影」とかいうのは聞いたことありますけど。

2010.10.15


 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    はる (火曜日, 09 11月 2010 01:23)

    写真の代わりに肖像画を飾ったお葬式は2度ほど経験したことがあります。やっぱり珍しいですね(笑
    遺影を「故人の似姿」と考えれば、具体的な表現方法として「写真」という言葉を付けてもおかしくはないのかな、と私は思いますが…