葬儀アンケート「葬儀の総費用」はいくら?

930日のブログで、日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」の最新データが発表されたことを書きました。それが掲載されている月刊『消費者』10月号(日本消費者協会発行)をやっと入手したので、それについてまた書きたいと思います。

 

前回の調査は2007年で「葬儀の総費用平均231万円」という数字はいろいろなメディアで紹介されました(「葬儀の総費用」は、葬儀社に支払う葬儀一式費用、お寺への費用、飲食接待費の合計です)。

 

3年経った今回の葬儀の総費用平均は1,998,861円。 

200万円を切り、約30万円安くなったわけです。

 

これについては、「昨今の景気悪化の影響は無視できないが、葬儀に対する考え方の変化もあると思われる」とアンケート報告にありました。

(「葬儀に対する考え方の変化」とは、「親族、あるいは地域や職場など社会的な関係から家族、個人へ、と葬儀の考え方が変わりつつある」ことをいっています)。

 

また、同アンケートには「葬儀について誰に相談したいか」という質問がありました。複数回答ありで

 

1位:親族に聞く           47.5

2位:葬儀社に聞く          41.5

3位:インターネット         33.3

4位:知人・友人に聞く        31.0

5位:自治体などの消費者窓口で聞く  29.0

 

これについて、

「意外だったのは『自治体などの消費者窓口』が増加している点である。前回調査の2倍以上の回答があった」とありました。それに比べ、「葬儀社に聞く」は前回に比べて約14%減少しているのだそうです。

 

これがクローズアップされて、「やっぱり行政ですな」ということになるんですかね? 行政がきちんと相談にのってくれるのか? それも怪しい気がしますが…。

 

3位の「インターネット」は、インターネットで検索したところに電話をして相談するのか、メールで相談するのか、見て検討するだけなのか、そのへんはよくわかりません。

 

このアンケート結果は、そのうちいろいろなメディアに登場すると思います。

2010.10.6