長崎〜五島列島〜群馬の旅/五島不思議体験

すっかりご無沙汰してしまいました。

 

16日から長崎〜五島(福江島)に出張し、東京に戻るはずだったのが、東京に重い荷物だけ置いて、すぐに群馬に出張することになってしまいました。3泊のはずが4泊になり、特に19日は、日本の最西端の島で朝5時起きしてブドウの収穫の取材をし、飛行機を乗り継ぎ、電車を乗り継ぎ群馬まで移動して夕方5時の打ち合わせに入るというお疲れモードの長旅でした。

 

せっかく持っていったIpad は五島の山の上では使いものにならず、最初はイライラしましたが、かえって自然のなかでマシンを忘れて過ごすことで癒されて帰ってきました。

雨の中、明星院へ
雨の中、明星院へ

 

五島での取材の合間に行った明星院。海よりも教会よりもこの寺に行きたいと思っていたのですが、本当に行ってよかったと思います。

ここは、五島最古の寺で、唐からの途中この寺に立ち寄った空海が、明の明星を見て吉兆を感じ名付けたといいます。

 

ここでの不思議体験です。

 

住職(だと思う)の説明を聞き、本堂の中をみていると私はとても重苦しく感じてきて、特に空海作といわれる仏像を前にした私はその重さに押し潰されそうになりました。すると住職がお経のようなものを唱え、私の背中を「エイッ」とたたいたのです。

 

「これですっきりしたでしょう?」

 

ほんと、不思議だったのですが、目の前がぱっと明るくなったように感じました。

 

「何か取り憑いていたのですか?」と聞くと、

 

「そんなふうに考えないでください。疲れているんですよ。ゆっくり休んで、リラックスしてください」と言ってくださったのです。


そして、隣の護摩堂でも線香を手向けた私に、またもや「エイッ」と巻物のようなものをささっとふり、さっきよりごていねいに私の背中をたたいてくださいました。なんだか嬉しくて、有り難くて泣き出してしまいそうになりました。

 

住職にお礼を言って、寺をあとにした私は不思議と元気になりました。それまで大降りだった雨があがると鬼岳に登り、それも途中では我慢できず頂上まで登るというパワー全開状態になりました。

鬼岳頂上付近から見た海
鬼岳頂上付近から見た海

うそみたいな、でも本当の五島不思議体験。私は“まだまだあきらめちゃダメ”と教えてもらったような気がします。空海さんのお導きでしょうか、密教のパワーか…。

ちょっと興味がわいてきましたね、空海さんにも。

 

お寺で癒され、山登りをし、五島コンカナ王国(http://www.conkana.jp/)に宿泊して温泉に入り、美味しい野菜やうどんを食べるという幸せな五島の日々でした。

2010.8.20

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    satocco (火曜日, 14 9月 2010 08:39)

    遅まきながらコメントいたします。びっくりしました・・・。こういうことってあるんですね。しかも、その住職さんの返事→ただ、疲れているだけ がいいですね。さらっとそう言われると、そうだ、私は疲れているんだ、と素直に納得できそうです。
    ブログの他の記事にもありましたが、昨今の女子のパワースポット&スピリチュアルブームにも通じるものがあるのでは・・。もちろん、安易にご利益?を求める人もいるかと思いますが、今の日本の妙な閉そく感や社会全体に満ちるプレッシャーに疲れた女性たちが、ふっと気を抜けるのが寺社仏閣なのかもしれません。
    と、まあ個人的な考えですけどね・・・・
    田島さんに五島の地は合っていたのですね。