法事、お盆はみんなが集まる機会だった

私の父は両親、兄弟を大切にする人で、しかもイベント好きのおもろいおっさんでした。父が生きていた頃は、我が一族の集まりはおもしろかったのです。

おじたちも結構イベント好きで、おもしろい人が多いのですが、最近は冠婚葬祭で集まることも少なく、それぞれ会ったり電話で話したりということになっているようです。

 

法事とかお盆とか、忙しいときは面倒くさいということはありますが、それでも行けばみんながいてホッとします。「先祖供養」とか言いながら、みんなに会うのは楽しいものです。

 

昨今、結婚式をしない人が増え、そのうえ、お葬式や法事がなくなるとなると、家族、親族が顔を合わせる機会がなくなる気がします。冠婚葬祭には、親戚の近況や安否を確認するという側面もあるのではないでしょうか。

 

疎遠になって、誰がどこにいるはおろか、誰が死んだかもわからないなんてことにならないようにしたいものですね。

2010.8.13