「没イチ」って知ってますか?

『サンデー毎日』(8.8号)に、「男おひとりさまも楽しいぞ」という記事があり、そこに「没イチ」という方たちが数名載っていました。

「没イチ」って何のことか、わかりますか? 

 

配偶者を亡くしてシングルになった人のことを言うんですって。

 

先日、私がインタビューした埼玉の医師、帯津良一先生も載っていました。先生も確かに奥様を亡くしています。

 

「バツイチ」は「バツニ」にも「サン」にもなるでしょうが、「没イチ」は「ニ」や「サン」はないでしょう? 二人目の奥さんを亡くしたら「没ニ」になるってことですか?

 

なんだかわけのわからない新語が知らない間にできるんですね。それは若者の間だけではないんですね。乗り遅れないようにしないと……。

(2010.7.27)


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    yoshiaki (水曜日, 28 7月 2010 17:45)

    とても寂しいく感じる言葉ですね!
    いろいろな言葉がはやりますが、「没イチ」はあまり好感が持てませんね。もともと日本語は美しいと言われてきた言葉だと思いますが、最近はそんなことありませんね。

  • #2

    はる (火曜日, 09 11月 2010 00:38)

    私が初めて没イチという言葉を聞いたのは2~3年前だったと思います。
    その時に感じたのは「私は連れあいを亡くしたけれど、そう言うことで急にしんみりしたり気を遣われたりしたくない」というメッセージなのではないかということでしたが…
    メディアが取り上げた途端、言葉が「軽く」なるように思えるのはこれに限ったことではありませんね。