緊張のお葬式打ち合わせ

最近は雑誌などでお葬式の特集があったり、お葬式関連の書籍も多い。インターネットで調べることも簡単なので、お葬式に詳しい消費者も多いようです。

 

ある葬祭業者がお葬式の打ち合わせに自宅に行った時のことです。遺族のひとりがパソコンを前に置き、葬祭業者が話したことを打ち込んだり、その場でインターネットで調べたりしたそうです。

 

“葬祭業者にだまされないように”ということからのようです。その気持ちはわかりますが、ちとやりすぎでは? 葬祭業者が誠意を持ってやったことが曲解されたりした場合は困りますね。一言一句、緊張しそうです。

2010.7.12

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    はる (火曜日, 09 11月 2010 00:21)

    そうですね、確かにやり過ぎ感がありますけど、私はそういうお客様にも当たってみたいですね(苦笑
    しかし今のネットでも葬儀関係の求める情報にたどり着くのはなかなか大変ですね。間違っていたり偏っているものも沢山ありますし、業界は残念なことにあんまり情報発信に積極的じゃありませんし…(汗