カラオケは苦手

カラオケは好きな人にとっては最高に気持ち良くなれるもののようです。でも、私にとっては苦痛。吹奏楽をやっていたし、音楽の成績も良かったので音痴ではないと思いますが、どうもあの環境で歌う気になれないのです(スナックのようなところのことです)。

 

昨夜は、久々に葬祭関係の皆さんの歌を聴きました。うまい人もいたのですが、う〜ん。

楽曲と、音量、音程がダメみたいです。そして、「聴く」というより勝手に歌っているのを聴かされるなかで、でかい声を出さないと話ができない……(私、勘違いしてます?)。

「何を気取りやがって」と言われそうですが、すみません、苦手なものは苦手です。

 

しかし、葬祭マンの皆さんはお元気です。朝早くから夜遅くまで働き、しかも歌も歌う!

そのパワーに圧倒されました。

もしかしたら、束の間のストレス発散かもしれませんけど。

2010.7.9