2010年8月ブログ

2010年

8月

31日

日本の総理大臣って、誰だっけ!?

今の日本の総理大臣って、はて誰だっけ!? 度忘れしそうになりませんか?

あれ、民主党って自民党みたいになってきちゃったの!? なんて思いませんか。

「みんなで投票すれば日本が変わる」とばかりに投票所へ行ったのは夢だったのか……。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

30日

熱中症で亡くなった人が200人

8月もあと2日。なのにまだ暑い。

今日は夜になってほんの少し涼しくなったせいか、ウォーキングをしている人を何人か見かけましたが。

続きを読む 1 コメント

2010年

8月

29日

私のお墓参りはいつになるのか?

お盆に故郷に帰ろうと思っていたのが帰れなくて、この土日には帰ろうと思っていたところ、また帰れなくなりました。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

28日

刑場が公開された

昨日、初めて東京拘置所の刑場が公開されました。

 

絞首刑という方法で死んでいく人があり、それに立ち会う人がいるという現実が画像によってクリアになったという感じです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

27日

暑いので、しばらくは夏バージョン

67年前から、たま〜にお葬式関係のホームページの企画などに参加してきました。その頃は、紙の広告がそのままホームページになっただけでも、ぱちぱち(拍手)だったのに、最近はSEO対策なども手を替え品を替えという感じですね。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

26日

島田裕巳さんのおはなし(ラジオで)

世の中には、親や配偶者が亡くなって、悲しみからなかなか立ち直れない人がいます。これを仮にAタイプとします。一方、一時は悲しくても、亡くなったことは亡くなったことと受け止めて歩き出す人がいます。これをBタイプとします。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

25日

日本人の3人に1人はがんで死亡

YAHOO!のトップページを開くと、毎日のように「○○さん死去」という訃報がトピックスに入っています。

昨日はレポーターの梨元勝さんでした。今日はアニメ監督の今敏さん。有名な方だからこうして知ることができるわけですが、一般の方のなかにはこの暑さに耐えきれず、亡くなってしまった方もいるのでしょう。お悔やみ申し上げます。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

24日

男性未婚者の増加で、高齢男性おひとりさま増加

ご主人を亡くした人がどんなにか落ち込んでいるかと思えば、さっと立ち直り、女友だちと海外旅行に行っているなどという話をよく聞きます。

反対に、奥さんを亡くした人は生気を失ってしまう、なんてね。よくあるようです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

23日

五島列島はよかった!

暑い! 

五島列島(福江島)から戻り、東京の人の多さ、汗をかいた人と触れ合う気持ち悪さを感じています。

続きを読む 3 コメント

2010年

8月

21日

雑誌『SOGI』(葬儀)に連載します

葬送ジャーナリストの碑文谷創さんが編集長を務める雑誌『SOGI』(隔月刊 葬儀/表現文化社)の118号に、「創刊20号に寄せて 20年前の取材を振り返って」を書かせていただきました。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

20日

長崎〜五島列島〜群馬の旅/五島不思議体験

すっかりご無沙汰してしまいました。

 

16日から長崎〜五島(福江島)に出張し、東京に戻るはずだったのが、東京に重い荷物だけ置いて、すぐに群馬に出張することになってしまいました。3泊のはずが4泊になり、特に19日は、日本の最西端の島で朝5時起きしてブドウの収穫の取材をし、飛行機を乗り継ぎ、電車を乗り継ぎ群馬まで移動して夕方5時の打ち合わせに入るというお疲れモードの長旅でした。

続きを読む 1 コメント

2010年

8月

14日

“自分から見た夫”に固執した家族葬?

昨夜のNHKの家族葬をテーマにしたドラマは、いろいろな意味で考えさせられました。

 

ご主人を愛するあまり「自分から見たご主人」に固執してしまったら、あのようになるのかな、とは思いました(批判しているのではありません)。

社会に出て働いたことのない女性(主人公がそうというわけではありません)と仕事が命だった人では、「お葬式」に対する考え方も違うのは当然でしょうね。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

13日

法事、お盆はみんなが集まる機会だった

私の父は両親、兄弟を大切にする人で、しかもイベント好きのおもろいおっさんでした。父が生きていた頃は、我が一族の集まりはおもしろかったのです。

おじたちも結構イベント好きで、おもしろい人が多いのですが、最近は冠婚葬祭で集まることも少なく、それぞれ会ったり電話で話したりということになっているようです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

12日

その飛行機に乗らなかったら…

25年前、日航機が墜落しました。

ちょうどアメリカから帰国してすぐのことだったので、今でもはっきりと覚えています。

私が乗った飛行機も、もしかしたらこうなっていたかもしれないと思うと、コワかったです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

11日

NHKで家族葬をドラマ化

お盆前になると、お葬式やお墓関係のテレビ番組が多くなってきます。


NHKでも、この前「クローズアップ現代」でお葬式をテーマにしていたし、13日の夜には家族葬についてドラマ化したものを見せてくれるようです。それについて一般の人と俳優さんたちのトークもあるとか。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

10日

編集者のボヤキ

7月からドタバタしながら編集してきた情報誌がやっと明日校了します(と思います)。

私は「段取り君」のほうだと思うのですが、今回はなぜか少しずつ歯車が狂い、最後までヒヤヒヤしました。人にお任せしてしまったことが原因だと思います。「ココ」というところは、やはり自分で動いたり、しつこく確認したりしないと。人は思い通りに動いてくれません。

続きを読む 1 コメント

2010年

8月

09日

これは戦争を経験した70代、80代のハナシ?

「何十年も親と会っていない」

「親がどこで何をしているかわからない」

 

これは、今の若い人たちの話ではありません。100歳以上の親を持つ70代、80代の人たちから出た言葉です。

続きを読む 2 コメント

2010年

8月

08日

「誰と一緒に墓に入りたいか?」世論調査

87日の読売新聞に「本社全国世論調査」が掲載されていました。

「誰と一緒に墓に入りたいか?」という質問に

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

06日

iPad おもしろい!

16日から出張することになりました。

 

出張すると困るのが、パソコンがすぐに使えないことでした。

ずっと前に買ったI book は重くて、とても持って行く気にならず…。しかし、今度の出張は楽しくなりそうです。

続きを読む 0 コメント

2010年

8月

05日

遺骨を宅配便で送っていいの?

ある人が、葬儀社にメールで親の火葬の依頼をしました。「遺骨は宅配便で送ってくれ」と書いてあったそうです。

テレビでも、どこかの寺に宅配便で無縁の遺骨が届くという映像が流れていました。

 

ここで疑問です。「遺骨は宅配便で送っていいの?」

続きを読む 2 コメント

2010年

8月

04日

親が「生きているかどうかもわからない」って!?

7月29日、30日のブログでも書いた、111歳であるはずの男性が30年前に死亡していたというニュース。その後、行方不明の高齢者が出るわ、出るわ。どうなってるのニッポン

母親が生きているかどうかわからないとか、行方不明とか、そんなことあるんですか、この平和な時代に。驚きました。

続きを読む 3 コメント

2010年

8月

03日

NHK「クローズアップ現代」

昨夜は事務所で寝てしまい、気がついたら夜中の2時をまわっていました。

それで、7月から書き続けてきたブログをさぼってしまったのです。

 

スケジュール通りにやっているつもりですが、アクシデントがあったりするので、校了までは気が抜けません。

 

というわけで、2日のNHK「クローズアップ現代」〜「変わるお葬式・ある家族の選択」は仕事をしながらだったので、じっくり見ていないのですが、ツイッターを見ると「感動した」というような意見が多いようです。

続きを読む 3 コメント

2010年

8月

01日

「裸の王様」になっちゃあ、いけない

「ブログ伝道」を書いていただいている真福寺の田中住職とお話ししていて笑っちゃいました。

 

「“おしょうさんの話はいいですね”と言われながら、ふと見ると、檀家がいなくなった…なんてよくあることですよ(笑)」 

続きを読む 0 コメント